お金が貯まる!楽しい貯金(節約&副業)生活 ~節約と副収入で貯金を増やそう~
娯楽費・レジャー費の節約

みんなで楽しく節約・副収入生活!貯蓄に使える節約術・副収入術をご紹介♪
TOP > 娯楽費・レジャー費の節約

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画を安く見る映画代節約方法

デートやレジャーの定番の映画。しかし大人料金ですと一人1800円と意外と高いですよね。

レンタルビデオでもOKという方はレンタルビデオでよいかと思いますが、
映画館の醍醐味やなんといっても大画面と圧倒的な音響です。映画が大好きな方には
やっぱり映画館に足を運んで観てもらいたいです!

ですのでそんな映画好きな方のために、少しでも映画を安く見るための映画代節約方法をご紹介します。


通常の映画料金および年齢による割引


映画代節約方法を紹介する前に、まずは一般的な映画館の鑑賞料金と年齢による割引を確認しましょう。
学生の方や子供の場合は年齢による割引が最も安い事も多いので、まずは年齢割引での金額を確認すると良いでしょう。

全国的に、映画料金の相場は以下の通りです。

大人は通常1800円!


■一般料金:1800円
一般的なこの金額よりも安く鑑賞できる方法をここではご紹介します。

■学生料金:1500円
 学生証の提示で一般料金よりも300円安く鑑賞可能。学生でも学生証を忘れると一般料金となり注意が必要。
 高校生以上の学生は、学生料金で観るようにしましょう。

■中学生・小人:1000円
 中学生以下、3歳以上は1000円です。

■シニア料金:1000円
 60歳以上は1000円です。基本的には運転免許証等の証明書が必要ですが、映画館により自己申告制の場合も。

■障がい者手帳をお持ちの方:1000円
 本人および同伴者も1000円になります。通常同伴者1名まで、映画館により2名までOKなところもあります。

一般的な料金は上記のようになっていますが、あくまで一般的な料金です。
当然一般料金が1800円でない映画館もありますし、幼児料金がある映画館もあるので、事前に行く映画館の料金をチェックすることは忘れずにしましょう。

※主な映画館&シネコンの料金情報はこちらを参照

では一般料金の確認も出来ましたので、節約方法をご紹介していきます。



節約方法1.全国共通の映画館割引サービスを利用しよう


上で書いた年齢サービスとは別に、映画には様々な割引サービスがあります。
映画を安く見るためにはこの割引サービスを有効に使うことが一番ですので、積極的に割引サービスを利用して映画代を節約しましょう。

映画サービスデー:映画料金一人1000円

毎月1日に映画料金が一人1000円になるサービスです。

夫婦50割引:映画料金一人1000円

夫婦どちらかが50歳以上なら映画料金が一人1000円になるサービスです。夫婦である証明は不要ですが、免許証などで50歳以上である証明をする必要があります。

レディスディ(レディースデー):女性のみ映画料金一人1000円

週1回、女性のみを対象に映画料金を1000円とするサービスです。曜日は水曜日というところが大半。

レイトショー:映画料金一人1200円~1300円

午後8時以降に上映開始となる映画を割引対象とするもの。実施や割引額は、映画館によってさまざまであるが、シネコンでは導入されているところが多い。車や歩いて帰れる人向けの割引サービスです。

高校生友情プライス:高校生3人以上で一人1000円

高校生3人でいけば一人1000円となるサービスで、2008年に既に終了した。しかし一部の地域の映画館などで継続されているため映画館などに確認が必要。

他にも映画館によって独自の割引サービスを行っているところもありますので、各映画館のHPを確認するとより良いでしょう。

    ※主な映画館&シネコンの料金情報はこちらを参照


節約方法2.雑誌・カードを提示して映画料金割引を受けよう


映画関連の雑誌や、映画館の系列の百貨店や金融機関の会員証やカードなどを提示することで割引をうけることができます。ワーナーマイカルシネマの場合はイオン系のクレジットカード提示で300円~500円の割引を受けることが出来ます。また109シネマズでは東急のクレジットカードTOPカードの提示で300円引きで観ることが出来ます。

 ◆ワーナーマイカルシネマズのカード提示割引サービス
 ◆109シネマズのカード提示サービス
 ◆その他の主な映画館&シネコンの料金情報はこちらを参照



節約方法3.観たい映画は、前売り券を購入しよう!


当日券だと1800円しますが、前売り券を購入すれば1300~1500円です。但し前売り券には「劇場指定」のものがあります。この場合、券に記載された映画館以外では無効になってしまいますので注意しましょう。前売り券は安いだけでなくノベルティグッズがついている場合もあるので、絶対観たい映画は前売り券を購入することをお奨めします!



節約方法4.金券ショップを積極的に利用しよう!


前売り券を買い忘れたら金券ショップで!

前売り券は当日券よりも安く映画が見れますのでお得です。しかし映画が公開されると前売り券を買うことが出来ません。そんな時は金券ショップで前売り券を購入しましょう。前売り券と同等の金額で代えるのはもちろん、人気の無い映画や終了間近の場合は前売り券の金額よりも安く買える事も♪


株主優待券を買うと前売りより安く見れることも

映画館、映画配給会社などの株主に配布される「株主優待券」というものがあります。簡単にいえば、株主に配られる招待券です。系列の映画館において、一枚(二枚必要な場合もあり)で一作品を鑑賞できます。映画には興味がない株主から金券ショップに優待券が流れ、結果、前売り券よりも安い価格で売られていることがあります。ただし、混雑時や土日に利用できない場合があるなど、制限事項があるため、注意が必要。


節約方法5.株主優待で映画代がタダに!?


株式投資を行っている方や、これから始めようと考えている方で、株主優待を目的とされており、かつ映画に興味がある方は株主優待で映画を観るのもお奨めです。東急レクリエーションという会社の株主優待は最低の1000株購入で半年に18ポイント付与され、映画館で1ポイント1作品、シネコンで2ポイント1作品見ることが出来ます。シネコンでも半年に9作品観れるという計算です。同伴者も使うことが出来ますので、二人でも半年に4~5作品。年間10作品も映画をただで見ることができます。2011年8月7日時点で1株479円ですので48万円ほどあれば最低株購入することが出来ます。



節約方法6.試写会を狙って新作映画をただで見よう!


新作をただで見るなら試写会を狙うのもおすすめ。但し抽選であり当たる確率が低い。日時・場所が限定される。映画館以外のホールなどで行われる場合、暗さや音響が不十分であるなどのデメリットがあります。
しかし逆にゲストが登場したり、スポンサーの粗品がもらえたりというメリットもあり、何よりも無料で見れるため申し込んで損は無いと思います。

試写会情報は以下のサイトで簡単に情報を得られますよ♪
 ◆東京FM CINEMA80 試写会情報 ◆試写会CLUB ◆試写会情報専門サイト「優越館」
 ◆試写会プレゼント -goo映画-

スポンサーサイト

主な映画館の割引サービス一覧

映画を安く見る節約方法』で映画を安く見るための映画代節約方法をご紹介しました。

その中で割引サービスのご照会をしましたので、ここでは日本の主な映画館・シネコンの割引サービスおよびクレジットカード提示サービスの公式ページをまとめました。
映画館での割引情報の確認にご利用ください。

映画館・シネコン公式HPおよび割引サービス一覧


TOHOシネマズ

公式サイト:http://www.tohotheater.jp/
割引サービス情報:劇場案内よりお近くの劇場を選択後、「料金・割引サービス表」よりご確認ください。
 →TOHOシネマズ渋谷の場合の例はこちら


ワーナーマイカルシネマズ

公式サイト:http://www.warnermycal.com/
割引サービス情報:劇場案内よりお近くの劇場を選択後、「料金割引情報」よりご確認ください。
 →ワーナーマイカルシネマズみなとみらいの場合の例はこちら


109シネマズ

公式サイト:http://109cinemas.net/
割引サービス情報:TOP左よりお近くの劇場を選択後、「鑑賞料金」選択。上部メニュー「鑑賞料金・割引」よりご確認ください。
 →109シネマズ グランベリーモールの場合の例はこちら


新宿ピカデリー



新宿バルト9

公式サイト:http://wald9.com/index.html
割引サービス情報:http://wald9.com/price/index.html


遊園地・テーマパークの娯楽費・レジャー費節約方法

レジャーといえば遊園地やテーマパーク。
しかし遊園地やテーマパークは入場料が高くて家族が多いほど支出も気になる…
そんな方のための遊園地&テーマパーク節約方法ご紹介します。

遊園地&テーマパークの入場料は割引クーポンを探そう!

まずはネットで割引クーポンを探そう!

遊園地やテーマーパークの入場料は割引クーポンがHPやお店のレジ脇などに紙で置いてあったりします。外出する際は、必ず事前にネットでクーポン券があるかどうかを探すようにします。googleで「行きたいテーマパーク クーポンもしくは割引」等で検索すれば結構ヒットしますよ♪


結構使える共同購入クーポンサイト

共同購入クーポンサイトはリクルートが展開する『ポンパレ』や、『グルーポン』等と行ったクーポンサイトのことでグルメやレジャー(宿泊、旅行等)が50%~80%近く値引きになるクーポンサイトのことです。

あるクーポンに対してある一定数の申し込みが成立すると、割引が確定する仕組みになっており、クーポンを出す側は一定数の申し込みが確定するため安定した売り上げを確保することが出来、その分割引率が高くなる!という仕組みです。

このサイトのクーポンを使うと一泊4万円のホテルが67%引きの13000円まで値下がりしたりととってもお得です。レジャーのみならず記念日のディナー等でも使えますので節約したい方には本当にお奨めです。


ちなみに主な共同購入クーポンサイトには以下のようなものがあります。
個人的にはポンパレが安心して使えてよいと思っています。

・『ポンパレ』:リクルートが運営するクーポンサイト。日本の企業が運営しているため安心感があり最もお奨めです。
・『グルーポン』:アメリカのグルーポンという会社が運営するクーポンサイト。かつてのおせち問題があったりと急成長企業ならぬ問題もあり、ポンパレよりは不安感のあるサイト。しかし共同購入クーポンサイトのさきがけであり、ポンパレと並んで主流です。


金券ショップを利用しよう!

テーマパークの入園券が金券ショップで買える!


有名テーマパークや遊園地の入園券でしたら金券ショップで安く買えます。割引価格でチケットが販売されている他、株主優待券なども売っており、当日現地でチケットを購入するよりも安く買えるのです。東京ディズニーランドのチケットなども金券ショップへ行けば有効期限などはつきますが、通常より安く買えますよ^^



動物園が安くてお得!

安くて楽しい動物園


遊園地やテーマパークは一日入れて楽しいですが、やっぱり入場料が高め、、
しかし動物園は入園料が安くレジャーに最適です。中には入園無料という動物園もあるから驚きです。
通常テーマパークの入園料は2000円~3000円すると思いますが、動物園なら500円から1000程度で入園できます。しかも中でのんびり動物に触れ合って一日中分楽しめます♪

少しでも節約してお出かけしたいときには動物園がお奨めです。



意外な無料スポットでの娯楽費・レジャー費節約方法

遊園地やテーマパークって意外とお金がかかります。しかし無料で楽しめるレジャースポットも探すと意外とあるんです。そこで無料の穴場レジャースポットを少しご紹介します。

今ホットな工場見学に行こう

無料試食や試飲も出来る!

今巷で話題の工場見学です。よく見るお菓子や食べ物、飲み物の作る過程を見ることが出来て楽しめるだけでなく、工場で出来立てのお菓子や飲み物を無料で試飲&試食することも出来て非常に満足できるレジャースポットです。
さらに子供だけでなく大人も一緒に楽しめ点も◎。工場ということもあり郊外にあることが多いですが、それ以上に収穫の大きい役立つレジャーですので家族向けのレジャーとして本当にお奨めです。但し平日のみ実施している場合や事前に予約が必要だったりするためよく確認しておくようにしましょう。



道の駅で地域の特産品に触れよう

凝った道の駅が増えています

地元の野菜や特産品を売っていたり、温泉があったり、食事ができるレストランが併設されていたりと、様々な趣向を凝らした道の駅が最近増えています。ドライブの休憩にふらっと入れてのんびりできるので、レジャー費の節約にも繋がります。



図書館は意外と楽しめる無料スポット

CDや本は図書館で無料レンタル

どの家の近くにも必ず図書館があると思います。しかしあまり利用されない方も多いでしょう。しかし本や雑誌を読む方は図書館で借りることをおすすめします。

まず本の種類が多く雑誌も借りることが出来ます。そしてCD・ビデオもレンタルできるところがあります。レンタル期間はおおむね2週間。十分本も読める期間です。本屋で本を買うよりも、CDをレンタルビデオ屋で借りるよりも全然節約になるのです。

そしてさらに図書館によっては、ミニシアター設備があり開館中日替わりで上映会をしています。またこどもの図書館では、紙芝居・手遊びなどボランティアと職員の方でお話会を開いてくれます。私の家の近くの図書館にはプラネタリウムが併設されており、何回も足を運んでいます。

このように図書館は、子供にとって、また大人にとっても十分なレジャースポットになるのです。近くに図書館がある方はたまに図書館に足を運ぶのも良いと思いますよ。


メインメニュー
検索フォーム
プロフィール

りょーさん

Author:りょーさん
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。