お金が貯まる!楽しい貯金(節約&副業)生活 ~節約と副収入で貯金を増やそう~
交通費の節約方法

みんなで楽しく節約・副収入生活!貯蓄に使える節約術・副収入術をご紹介♪
TOP > 交通費の節約方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車代・新幹線代共通の節約方法

金券ショップを利用しよう!


新幹線・特急列車は金券ショップがお得


街中やターミナル駅にあるチケットショップでは、新幹線や特急列車の格安チケットや、格安回数券などが販売されています。非常に格安で購入できるためお奨めです。新幹線の場合ですと、格安回数券がばら売りされており、破格の安さ。新幹線で東京-新大阪間の回数券をチケットショップで購入すると3000円も安くなり非常にお得です。


回数券を使用しよう


一回あたりの電車代が安くなる回数券


回数券は年間何回も行く人だけでなく、大勢で旅行に行く時も便利です。新幹線20枚つづりのチケットの場合片道800円程度安くなり、往復1600円程度の節約になります。団体で行く時などに回数券を検討すると良いでしょう。


「えきねっと」を利用する

「えきねっと割引」で新幹線指定席が割引に!

JR東日本のネットサービス「えきねっと」は切符予約やツアー予約も出来るサービスです。このサイトで会員登録すると割引サービスやネットでのチケット購入、会員限定のお得な情報などのサービスを受けることが出来ます。

この「えきねっと」の「えきねっと割引」を使用すると東北・山形・秋田・上越・長野の新幹線指定席が最大400円割引になります。対象や割引額詳細は「えきねっと割引とは」をご覧ください。

東北や上信越方面に帰省や仕事で行かれる方にお奨めです♪


「トクだ値」で新幹線代15%割引も!?

えきねっとのもうひとつの割引サービスとして「トクだ値」という割引サービスがあります。JR東日本の新幹線・特急が対象であり、夏休み限定の特別割引などシーズンによって変わるため確認が必要です。

「トクだ値」の情報はえきねっとの「えきねっとトクだ値」のページで常に公開されていますので、東北および上信越、JR東日本圏内での旅行を考えている方は、事前に必ずチェックして確認することをお奨めします。

他にもえきねっとにはお得なメリットがありますので、他のメリットについては『えきねっとのメリット』をご覧ください。


スポンサーサイト

新幹線代の節約方法

新幹線のエクスプレス予約を利用する

東海道・山陽新幹線代を割引!予約やチケット購入も簡単!

新幹線料金はネット予約すると割引になります。JR東海・東日本の「エクスプレス予約」は携帯やパソコンから指定席の予約ができ、早割り等のサービスを利用すると指定席料金も安くなります。さらに溜まったポイントでグリーン車へのグレードアップも♪

料金は、東京-新大阪間の「のぞみ指定席」14050円が、「e特急券」の場合で13200円、「早特」割引を利用した場合で12000円になります。対象は東海道・山陽新幹線のみです。

e特急券」は東海道・山陽新幹線(東京~博多間)「のぞみ」「ひかり」「こだま」の指定席が年間通じて割引になるサービスです。しかも年末年始やゴールデンウィークも割引対象になるため、いつでも必ず新幹線代が安くなります

また「早特」は、ご乗車の3日前(23:30)までに予約することで、東海道・山陽新幹線(東京~博多)各駅相互間の「のぞみ」「ひかり」「こだま」が「e特急券」よりも安くなるサービスです。「早特」はさらに早特A早特Bに分かれており、「早特A」は時間関係なく、終日運転される新幹線に対して安くなりますが、一部区間(東京-大阪、京都等)が割引対象外となります。一方「早特B」は朝6時代出発の新幹線に限り、東京・品川・新横浜⇔名古屋・京都・新大阪・新神戸の新幹線が安くなります。

そのため「早特B」で朝6時代出発の新幹線に乗ることで東京-新大阪間14050円の料金を12000円まで安くすることが出来ます。。そして朝6時代以外の通常運転時の新幹線であれば「e特急券」で必ず13200円で乗ることが出来るのです!

但しこの割引サービスはJR指定のクレジットカードに入会する必要があり、年会費1050円がかかるため、年2回以上新幹線に乗る方や家族や恋人などで二人以上のチケットを購入する方がお得になりますので注意が必要です。


「えきねっと」を利用する

「えきねっと割引」で新幹線指定席が割引に!

JR東日本のネットサービス「えきねっと」は切符予約やツアー予約も出来るサービスです。このサイトで会員登録すると割引サービスやネットでのチケット購入、会員限定のお得な情報などのサービスを受けることが出来ます。

この「えきねっと」の「えきねっと割引」を使用すると東北・山形・秋田・上越・長野の新幹線指定席が最大400円割引になります。対象や割引額詳細は「えきねっと割引とは」をご覧ください。

東北や上信越方面に帰省や仕事で行かれる方にお奨めです♪


「トクだ値」で新幹線代15%割引も!?

えきねっとのもうひとつの割引サービスとして「トクだ値」という割引サービスがあります。JR東日本の新幹線・特急が対象であり、夏休み限定の特別割引などシーズンによって変わるため確認が必要です。

「トクだ値」の情報はえきねっとの「えきねっとトクだ値」のページで常に公開されていますので、東北および上信越、JR東日本圏内での旅行を考えている方は、事前に必ずチェックして確認することをお奨めします。

他にもえきねっとにはお得なメリットがありますので、他のメリットについては『えきねっとのメリット』をご覧ください。


電車代の節約方法

絶対おすすめ!青春18切符を利用しよう

青春18切符を利用してのんびり電車旅

誰もがご存知の格安旅行の定番「青春18切符」。5枚つづり11500円(1枚あたり2300円)
で販売しており、1枚の券でJR全線の普通列車(快速含む)の普通車自由席とJR西日本宮島フェリーに1日乗り放題で乗ることが出来ます。つまり2300円でJR全線乗り放題でどこへでもいけるのです!またJR系列の宿泊施設を利用する際に割引サービスを受けることも出来てさらにお得。時間にゆとりがあり、のんびり電車旅を安くしたい方は絶対にお奨めです。

※青春18切符の詳細はこちら


回数券を利用する

よく行く場所へは回数券がお得


回数券は指定の区間の切符をまとめて購入する分、1回の電車料金が安くなる券です。通常11枚つづりを10枚分の価格で販売しており、単純に1回分の乗車代が安くなる計算です。有効期間は3ヶ月が一般的ですので一定期間に同じ区間を利用する場合に使えます。例えばどこへ行くにしても一度渋谷や新宿に出なければいけないという場合は、最寄から渋谷、新宿などの区間の回数券を買っておくと便利でしょう。

また大手私鉄には「時差回数券」「土休日回数券」というものがあり、条件が合えば普通回数券よりもお得です。時差回数券(オフピークチケット)は、平日(月~金)の10時~16時に使用できるもので、12枚つづりで10枚分の価格となっています。普通回数券より1枚分お得です。

一方土休日回数券(サンキューチケット)は土曜・休日のみ使えるもので、こちらは14枚つづりで10枚ぶんのねだんです。休日に外出される方は破格の安さのため、最寄の大手私鉄がこのような回数券を取り扱っているか確認してみてはいかがでしょうか?


一日乗り放題券などを使う

大手私鉄の一日乗り放題券を使ってみよう

大手私鉄やJRには指定の路線一日乗り放題券を取り扱っています。例えば東急の「みなとみらいチケット」は東横線・みなとみらい線一日乗り放題で840円!通常渋谷から中華街まで往復920円のところが80円安くなります。またみなとみらいで色々な場所へ動けばもっとお得になります。
またお台場など行くと役立つのがゆりかもめ一日乗車券。お台場のデートには必須でしょう。
このように私鉄には様々な一日乗車券がありますのでぜひ各私鉄サイトを調べてみてはいかがでしょうか?


近くのお出かけには徒歩・自転車を使う!

散歩がてらに徒歩・自転車を

近くのおでかけであれば、ちょっと一駅散歩をかねて歩いてみるとちょっとした電車の節約にもなりますし、健康にもよく、新しい発見もあるかもしれません。節約を目的にするのではなく、歩く楽しみを目的に、ちょっと歩いたり自転車に乗ったりすると楽しいですよ♪

航空費・飛行機代の節約方法

航空費・飛行機代の節約方法では、航空費・飛行機代を少しでも安くするための方法をご紹介します。

「早割」や「前割」の割引サービスを使おう!

旅行の計画は早ければ早いほど良い!

ご存知の方も多いと思いますが、航空費・飛行機代は「前割」や「早割」等、早く予約することで安くなる割引サービスがどの航空会社にもあります。こうした割引は出発日の2ヶ月前から申し込みを開始するものが多く、すぐに予約しないとすぐに完売する場合も。そのため少しでも早く旅行計画を立て、旅行日を決定した方が格安の航空券を購入できる確率が高くなります。飛行機を使った旅行は2ヶ月前からを目標に計画からを立てる事をおすすめします!

ちなみに国内一般航空会社の早割サービスは代表的なものです。下に書いたもの以外にも7日前までの予約割引など航空会社により様々な割引があります。詳細の情報は下の『割引サービスの種類を見る』からご確認ください。

◆ANA ANAの割引サービスの種類を見る
 ・スーパー旅割…搭乗日2ヵ月前9:30~搭乗日45日前までの予約で最大77%割引となる。
 ・旅割…搭乗日2ヵ月前9:30~搭乗日28日前までの予約で最大70%割引となる。
 ※ともに繁忙期(お盆、年末)は対象外。

◆JAL JALの割引サービスの種類を見る
 ・スーパー先得…搭乗日2ヵ月前~搭乗日45日前までの予約で最大79%割引となる。
 ・先得…搭乗日2ヵ月前~搭乗日28日前までの予約で最大77%割引となる。

◆スカイマーク  →スカイマークの割引サービスの種類を見る
 ・スカイバーゲン…搭乗日2ヵ月前~搭乗日28日前までの予約で最もお得な割引サービス。

◆AIR DOAIR DOの割引サービスの種類を見る
 ・AIR DO スペシャル…搭乗日2ヵ月前~搭乗日28日前までの予約で最もお得な割引サービス。


格安の航空会社を選ぼう!

スカイマークが国内では格安。北海道ならエアDOも!

国内ではスカイマークとAIR DOがANAやJALに比べて格段に航空費・飛行機代が安いです。

AIR DOは北海道のみの路線になるため、北海道以外はスカイマーク、北海道へはスカイマークとAIR DOを使うと安く航空券が買えます。さらに上でご紹介した早割を最大限に使用すると東京-千歳間が1万円を切って乗ることも出来ますよ!

マイルを貯めないという方はぜひ格安の航空会社を使うことをお奨めします。


格安航空券を金券ショップで購入しよう!

ほぼ定価の運賃で急遽飛行機をという時に…

最も安く飛行機に載れるのはスーパー旅割や早割等ですが繁忙期シーズンや急遽旅行計画を立てて定価に近い価格で飛行機に乗らないといけない場合もあると思います。そんな時は金券ショップで購入すると安く買うことが出来ます。格安チケットコムでは、定価の2000円~7000円引きで販売されています。

メインメニュー
検索フォーム
プロフィール

りょーさん

Author:りょーさん
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。