TOP > スポンサー広告> 電気代の節約方法 > 冷蔵庫での電気代節約方法【電気代節約】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷蔵庫での電気代節約方法【電気代節約】

冷蔵庫での電気代節約方法【電気代節約】

冷蔵の開け閉めは最小限にする


冷蔵庫の開け閉めを繰り返すと冷気が逃げていきます。すると冷却しようとするため電力を消費し電気代もアップ。

冷蔵庫の中のものを取るときは、1度でスムーズに取り出せるよう何が必要か考えて、段取り良く取るようにしましょう。


設定温度の「強」、「弱」を使い分ける


設定温度の「強」を「中」に変えるだけで、冷蔵庫の消費電力は20%も変わってきます。設定温度は、外気の温度に合わせて使い分けます。通常は「中」に設定し、冬の寒い季節では「弱」へと設定温度を下げます。

毎日電力を消費する冷蔵庫ですので、こうしてこまめに節約することで、
年間の消費電力をかなり抑えることが出来ます。


冷蔵庫内には透明なカーテンを


冷蔵庫内に透明なカーテンをつけると、冷気が逃げにくくなり節電につながります。また透明のカーテンのため扉をあけて食材を探しても、冷気が逃げにくいのが良い点です。少し見た目は悪いですが・・・


ギューギュー詰めは×


食品をつめすぎた冷蔵庫は、冷気の循環が悪くなり電気代がかかります。また食材を探しにくくなる為、ドアを開けた時に冷気が逃げやすくなります。冷蔵庫の容量の70%~80%に食材を収めるのが○


熱いものは冷ましてから


食品や飲料で熱いものを冷蔵庫に入れると、冷蔵庫内の温度が上がります。冷蔵庫内の温度が上がると冷やそうとするため電気代が当然かかります。熱いものを冷蔵庫に入れるときは冷ましてから冷蔵庫に入れるようにしましょう。


冷凍を効率よくする技


食品を冷凍する時は、アルミのトレイに乗せるか、保冷剤を近くに置くと冷凍効果アップ。底にアルミホイルを敷いても良いです。冷却効果がアップすると、電気代の節約にもつながり、食品の味が落ちるのも防ぐことが出来ます♪


冷蔵庫の回りには隙間を作る


冷蔵庫と壁の間は10cmの隙間を空けましょう。冷却した時に出来た熱が冷蔵庫の周りから放出されやすくなるため冷却力が下がらず電気代の節約になります。

また冷蔵庫の上面と壁の間も10cm以上空いていないと消費電力は10%以上多くなります。冷蔵庫の上に荷物を置いている方は、上にものを乗せすぎていないか注意が必要。




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

メインメニュー
検索フォーム
プロフィール

りょーさん

Author:りょーさん
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。