お金が貯まる!楽しい貯金(節約&副業)生活 ~節約と副収入で貯金を増やそう~
お風呂での水道代節約方法

みんなで楽しく節約・副収入生活!貯蓄に使える節約術・副収入術をご紹介♪
TOP > スポンサー広告> 水道代の節約方法 > お風呂での水道代節約方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お風呂での水道代節約方法

節水型シャワーヘッドを使用しよう


節水型シャワーヘッドは20%ほどの節水効果

節水型シャワーヘッドは水量を20%ほど節水できます。一日15分のシャワーの場合、180リットルから144リットルとなり、36リットル節水できる計算に。金額に戻すと約7円、月で210円、年に2520円電気代を節約できます。


シャワーの方がお風呂よりも節水効果が高い


シャワーの使い方にもよりますが、シャワーの方がお風呂よりも節水効果は高いです。200リットルを浴槽に溜めた場合と、シャワーを5分流しっぱなしで約60リットル使用した場合を考えると圧倒的にお風呂の方が水を使います。体洗っている間はシャワーを止めるという前提であれば、シャワーで5分間使用すれば十分体も流せますので妥当な値です。また3人家族が全員シャワーを使ったとしても60×3=180リットルとなり、それでもシャワーの方が節水効果が高いことがわかります。


残り湯を活用しよう


少し手間になりますが、お風呂の残り湯を利用すると節水に役立ちます。

洗濯に再利用しよう

人によっては抵抗があると思いますが、残り湯を洗濯に利用することが出来ます。残り湯の半分の90リットルを洗濯に週3回利用すると、月約260円の節約になります。但し、人が入ったお湯で洗濯するのはちょっとという方にはお奨めしないです。

トイレに再利用しよう

タンク型のトレイの場合、タンクに水を入れることが出来ますので、トイレで流した後の空のタンクにお風呂からのお湯を入れると節水に繋がります。洗濯の水に利用するよりはお奨めの再利用方法です。

洗車で利用しよう

洗車はホースから流しっぱなしにすると、約240リットルも水を使います。そのためお風呂の残り湯を使用すれば200リットル近く節水でき、一回40円程度節水できます。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

メインメニュー
検索フォーム
プロフィール

りょーさん

Author:りょーさん
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。