お金が貯まる!楽しい貯金(節約&副業)生活 ~節約と副収入で貯金を増やそう~
固定電話の節約方法

みんなで楽しく節約・副収入生活!貯蓄に使える節約術・副収入術をご紹介♪
TOP > スポンサー広告> 通信費の節約方法 > 固定電話の節約方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

固定電話の節約方法

固定電話とは「一般加入電話」とも呼ばれる家の電話のこと。「固定電話の節約方法」では、この固定電話の電話代節約方法をご紹介します。

固定電話からIP電話へ切り替えよう!


IP電話とは?


今でも固定電話を使用して電話をしている方は、IP電話に切り替えましょう。IP電話とは、そのインターネット回線を利用した電話のこと。固定電話と比較して、通話料・基本料金が格段に安いことが特徴です。

IP電話はインターネット回線を利用するため、当然インターネットが繋がっていることが前提になります。しかし当サイトを閲覧できているということはインターネットに繋がっていますので、すぐにプロバイダへ確認し、IP電話に切り替えることをお奨めします。格段に固定電話料金が安くなるので、IP電話に切り替えないと本当に損です!


IP電話にするメリット・デメリット


IP電話のメリット・デメリットは以下の通りですが、メリットが多すぎてデメリットはほぼ無いです。

<メリット>
・基本料金および通話料金が格段に安い。(後述)
・日本全国どこでも市内通話料金でかけることが出来る。=安い。
・IP電話同士でかつ同プロバイダ同士は通話料金が無料。
・普通の電話機をそのまま使用できので、電話機の心配は不要。

<デメリット>
110や119などに発信できない場合がある。



NTTのひかり電話(IP電話)と固定電話の料金比較


IP電話の代表であるひかり電話と固定電話の料金を比較してみましょう。
IP電話であるひかり電話の場合、基本料金が月525円と、固定電話の基本料金の1/3以下となっています。また通話料金もひかり電話の最低ラインよりも安くなっています。さらにIP電話同士で、かつ同じプロバイダ間は通話料金が無料というのもIP電話の特徴です。

ひかり電話

固定電話

基本料金:525円

通話料金:全国一律8.4円/3分

基本料金:1785円

通話料金:8.9円~84円/3分
※距離によって通話料金が異なる



このため私たちもフレッツ光(インターネット)+ひかり電話にすることで格段に通信費を下げる事が出来ました♪

電話をひかり電話にするには、同時にインターネットもNTT『フレッツ光』 (Bフレッツ)にする必要がありますが、今ならNTTが工事費無料のキャンペーンを実施中で、かつADSLと光のネット料金はほとんど変わりません。そのため絶対にフレッツ光がお奨めです。フレッツ光の申し込みの際に、ひかり電話の申し込みもできるので、申し込むのを忘れないように。



利用明細はインターネットで確認しよう


利用明細をインターネット確認にするだけで割引に


NTT東日本の「@ビリング」やNTT西日本「Myビリング」は、インターネットで利用明細や通話記録が確認できるサービスです。利用明細書の郵送をやめて、このサービスを利用すると毎月115.5円割引になります。

  ◆NTT東日本@ビリング
  ◆NTT西日本Myビリング


固定電話での通話を控えよう


ほかの通信手段での連絡で代替しよう


極端な節約方法ですが、メールや手紙、FAXなど通信手段は様々ですので、電話に頼らず適切な通信手段で連絡をとるようにしましょう。携帯電話の場合、家族間通話が無料になるキャリアがほとんどのため固定電話は使用せずに、携帯電話を使用した方がよい場合もあります。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

メインメニュー
検索フォーム
プロフィール

りょーさん

Author:りょーさん
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。