お金が貯まる!楽しい貯金(節約&副業)生活 ~節約と副収入で貯金を増やそう~
新幹線代の節約方法

みんなで楽しく節約・副収入生活!貯蓄に使える節約術・副収入術をご紹介♪
TOP > スポンサー広告> 交通費の節約方法 > 新幹線代の節約方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新幹線代の節約方法

新幹線のエクスプレス予約を利用する

東海道・山陽新幹線代を割引!予約やチケット購入も簡単!

新幹線料金はネット予約すると割引になります。JR東海・東日本の「エクスプレス予約」は携帯やパソコンから指定席の予約ができ、早割り等のサービスを利用すると指定席料金も安くなります。さらに溜まったポイントでグリーン車へのグレードアップも♪

料金は、東京-新大阪間の「のぞみ指定席」14050円が、「e特急券」の場合で13200円、「早特」割引を利用した場合で12000円になります。対象は東海道・山陽新幹線のみです。

e特急券」は東海道・山陽新幹線(東京~博多間)「のぞみ」「ひかり」「こだま」の指定席が年間通じて割引になるサービスです。しかも年末年始やゴールデンウィークも割引対象になるため、いつでも必ず新幹線代が安くなります

また「早特」は、ご乗車の3日前(23:30)までに予約することで、東海道・山陽新幹線(東京~博多)各駅相互間の「のぞみ」「ひかり」「こだま」が「e特急券」よりも安くなるサービスです。「早特」はさらに早特A早特Bに分かれており、「早特A」は時間関係なく、終日運転される新幹線に対して安くなりますが、一部区間(東京-大阪、京都等)が割引対象外となります。一方「早特B」は朝6時代出発の新幹線に限り、東京・品川・新横浜⇔名古屋・京都・新大阪・新神戸の新幹線が安くなります。

そのため「早特B」で朝6時代出発の新幹線に乗ることで東京-新大阪間14050円の料金を12000円まで安くすることが出来ます。。そして朝6時代以外の通常運転時の新幹線であれば「e特急券」で必ず13200円で乗ることが出来るのです!

但しこの割引サービスはJR指定のクレジットカードに入会する必要があり、年会費1050円がかかるため、年2回以上新幹線に乗る方や家族や恋人などで二人以上のチケットを購入する方がお得になりますので注意が必要です。


「えきねっと」を利用する

「えきねっと割引」で新幹線指定席が割引に!

JR東日本のネットサービス「えきねっと」は切符予約やツアー予約も出来るサービスです。このサイトで会員登録すると割引サービスやネットでのチケット購入、会員限定のお得な情報などのサービスを受けることが出来ます。

この「えきねっと」の「えきねっと割引」を使用すると東北・山形・秋田・上越・長野の新幹線指定席が最大400円割引になります。対象や割引額詳細は「えきねっと割引とは」をご覧ください。

東北や上信越方面に帰省や仕事で行かれる方にお奨めです♪


「トクだ値」で新幹線代15%割引も!?

えきねっとのもうひとつの割引サービスとして「トクだ値」という割引サービスがあります。JR東日本の新幹線・特急が対象であり、夏休み限定の特別割引などシーズンによって変わるため確認が必要です。

「トクだ値」の情報はえきねっとの「えきねっとトクだ値」のページで常に公開されていますので、東北および上信越、JR東日本圏内での旅行を考えている方は、事前に必ずチェックして確認することをお奨めします。

他にもえきねっとにはお得なメリットがありますので、他のメリットについては『えきねっとのメリット』をご覧ください。


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

メインメニュー
検索フォーム
プロフィール

りょーさん

Author:りょーさん
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。