お金が貯まる!楽しい貯金(節約&副業)生活 ~節約と副収入で貯金を増やそう~
利率の高い金融商品で貯蓄する

みんなで楽しく節約・副収入生活!貯蓄に使える節約術・副収入術をご紹介♪
TOP > スポンサー広告> 預貯金の選び方と貯蓄する方法 > 利率の高い金融商品で貯蓄する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利率の高い金融商品で貯蓄する

普通預金、定期預金、国債などの安全な金融商品である程度貯蓄できてきたら、資産を増やすためにもう1ステップ進んでみましょう。それがより利率の高い金融商品です。

資産を増やす注目金融商品


学資保険


学資保険は教育資金準備のための「積み立て」のイメージが強いですが、ある使い方で利回りを上昇させることができます。それが「一括払い」です。
手元にまとまったお金があり、教育資金としてまとまったお金があるのであれば、学資保険の一括払いを検討しても良いと思います。保険会社によって利回りは異なりますが、高いところで0歳加入18歳満期で27.5%増えることも。

また学資保険は税金が非課税となるメリットがあります。銀行預金は利息に対して20%課税されますが、保険の場合『一時所得』扱いとなり、利益の50万円までは非課税となります。教育費目的でなくても子供がいれば貯蓄目的として活用するのも面白いと思います。但し利回りは、保険会社によって異なるため、複数社の見積もりを取って比較検討することをおすすめします。それと当然一括で支払うため、相応のお金を一度に支払うことになるため、一括で支払うことで貯金が無い方にはお奨めいたしません。


MMF(マネーマネジメントファンド)


投資信託のひとつのため「元本保証は無い」が、公社債を中心に運用されるため安全性が極めて高いのが特徴です。リスクがある割には利回りが低いが、銀行預金よりは高めのため、出来るだけ高い利回りで運用したいが、大きなリスクをとりたくない人向けの金融商品です。成23年3月時点で年利回り0.126%となっている。但し買い付けから30日未満の解約は手数料がかかり、元本割れする可能性もあるため、30日以上は預けることが必要です。


より高い利回りを狙って貯蓄する


さらに利回りの良い金融商品を簡単にご紹介します。但しこれらは投資であり、元本割れする可能性があるため注意が必要です。

不動産投資信託(REIT)


不動産に投資する投資信託。投資対象はオフィスビルやショッピングセンター、マンションなどでそこから得られる賃料や売却益が利益の源泉となります。投資信託のため1万円から購入できるためはじめやすい投資信託です。


上場投資信託(ETF)


証券取引所に上場されている投資信託で、株価指数などに連動して価格が決まる。簡単にいうと市場の平均に連動するということ。例えば「TOPIX」に連動するETFであれば東証一部に上場している全銘柄の動きに連動することになる。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

メインメニュー
検索フォーム
プロフィール

りょーさん

Author:りょーさん
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。