お金が貯まる!楽しい貯金(節約&副業)生活 ~節約と副収入で貯金を増やそう~
1年で100万円ためるために

みんなで楽しく節約・副収入生活!貯蓄に使える節約術・副収入術をご紹介♪
TOP > スポンサー広告> 預貯金の選び方と貯蓄する方法 > 1年で100万円ためるために

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年で100万円ためるために

結婚やマイホームのためにしっかりと貯金したいという方。
最初に何千万円ためる!と考えると目標が高すぎて挫折しがち。
そこでまずは100万円を貯めるということを目標にしてみましょう。
ではどうすれば貯金しやすくなるのか。
ちょっとポイントを挙げてみました。

貯蓄の目標を明確にしよう


・貯蓄の基本は「貯める方程式」の実践です。
その方程式とは「収入-貯蓄=支出」という考え方。

「収入-支出=貯蓄」じゃないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、意味がぜんぜん違います。
ようは収入から先に貯蓄を先取りし、残ったお金でやりくりするという考え方なのです。

なぜかお金が貯まらないという人は、余ったら貯蓄しようと考え方になり、結局いろいろと使ってしまい貯蓄に回らないことが多いです。

「先取り貯蓄」は、貯金の基本ですのでまずはこれに注意してみてください。

・会社員であれば、財形貯蓄制度を積極的に利用しましょう。
給与から一定額を毎月天引きして、貯蓄することが出来ます。気がついたら貯蓄されているため、貯蓄しやすいです。また会社によっては財形によって天引き額の何パーセントが上積みされたり、奨励金が出たりするため、貯金よりも得する場合が多いのでお奨めです。

財形制度が会社になければ、給与振込口座のある金融機関で積立定期を行うことでOK。



家計を見直しましょう


・貯める方程式をより無理なく実行するためには、家計の見直しが必須です。その場合まずは固定費から見直しをしましょう。固定費を節約すると毎月一定分節約できるため、継続した節約が可能になります。逆に変動費を節約したとしても変動要素が多い分、継続できない可能性があり、効果が薄いです。固定費の節約が順調に進んだ後に、変動費の見直しをするようにしましょう。

・固定費の代表は生命保険、住宅ローン、光熱費です。これらは生活水準を落とすことなく、一度見直しすれば継続性が高いのが利点です。



資産を増やしましょう


家を改善するポイントは、①収入を増やす。②支出を減らす(節約する)。③運用する。の3つ。①と②を進めることが出来たら、③も検討しても良いと思います。リスクがあるため、注意が必要ですが、自分も働きつつ、お金にも働いてもらう発想も必要である。

特に貯蓄額が増えていくと家計に余裕が生まれます。家系の余力分をリスクをとる金融商品に振り分けることができれば、家計改善につながります。

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

メインメニュー
検索フォーム
プロフィール

りょーさん

Author:りょーさん
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。